バストアップWEB TOP → 豊胸手術とは 人工乳腺法とは

人工乳腺法とは

人工乳腺法は大胸筋や乳腺の下に、人工的に作られたバッグを挿入して胸を大きくします。この方法は現代において、主流になっていると言っても過言ではないでしょう。バッグには生理食塩水やCMC、コヒーシブシリコンやシリコンジェルバッグなどが利用されています。現在では、より身体に悪影響が出ないよう、より自然にバストへとボリュームを持たせられるようにと、使うバッグにも様々な工夫がされるようになっています。

バッグを挿入する手術法では、当然ながらバッグを入れるために身体のどこかを切開しなければなりません。基本的にはバスト下部、バストと脇の間などでしょうが、厳密にどこを、というのは決められていないのです。より手術痕が目立たない場所を切開するよう選択することになるでしょう。また、切開することで身体に悪影響が出るような場所は切開しないのが普通ですので、ご安心ください(ただし、信頼できる病院・医師の手術を受けてください)

もちろん、挿入するバッグが大きくなるほど、切開部は大きくなっていきます。通常程度のサイズなら1cmから2cm前後の切開であっても、大きいサイズだと3cmになってしまうこともあります。手術直後は手術痕が目立ってしまうこともあるでしょうが、傷は徐々に塞がっていきますので、長い目で見守りましょう。

人工乳腺法において、出来る限り自然な仕上がりになるよう、医師との綿密な事前打ち合わせが必要となるでしょう。手術痕が目立たないようにしてもらうのも大切です。

豊胸手術とは


マイスリー 副作用
マイスリーの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!