バストアップWEB TOP → 豊胸手術とは 大胸筋下法とは

大胸筋下法とは

大胸筋下法は豊胸手術の1つで、乳腺の下にある大胸筋の下のあたりにバッグを挿入して大きくする方法です。この方法は主に痩せ型のバストが小さい人に良く適応します。バストの乳腺や皮下脂肪が少ないやせ型の人でも、バストの形をきれいにできます。要するにバストのボリュームに満足のいかない方に向いている手術方法であるといえるのです。

大胸筋下法は、脇の下などといった腕で隠せる目立たない場所を切開して行うため、手術痕が見つかりにくいという女性にとってありがたい特徴を持っています。またこの方法は、何らかの原因によって乳腺の発達が乏しく、成長しきれなかったため乳腺が小さいという方には特に向いています。肋骨と大胸筋の間にバッグを入れることで、バストのボリュームを補えるのです。

大胸筋下法はバストの乳腺や皮下脂肪が少ないやせ型の人に有効ですが、逆に大胸筋が発達している人ですと、バストが強張ったり硬くなったりしてしまうため、あまり向いていません。大胸筋が発達している方というのは、特にスポーツなどをしていたという方に多く、そういった方は大胸筋下法とは違った手術方法を選んだほうが良いでしょう。筋肉質なバストになるのは、あまり好まない女性も多いです。

スポーツなどを行っていなくても大胸筋が発達している場合は、事前によく診断などを受けていれば、バストが硬くなってしまう可能性も警告されるはずです。しかし医師によっては見落としてしまうこともあるので、事前に自分でも確認できるだけはしておきましょう。

豊胸手術とは


アンカロン 添付文書
アンカロンの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

貸会議室・貸し会議室・大阪・大阪市
こちらで

省エネ 山形
こちらで