バストアップWEB TOP → 豊胸手術とは 豊胸手術とは

豊胸手術とは

豊胸手術とは、読んで字のごとく、胸を豊満に見せるための手術のことを言います。豊胸手術は大きく分けて2種類、人工乳腺法と脂肪注入法に分けられます。一般的に「豊胸術」といえば、人工乳腺法を指すことが通常で、最も思い浮かべやすいものとされています。豊胸術に使用される豊胸バッグは工乳腺とも呼ばれています。豊胸手術ではこれを胸部に挿入しています。

現代において、豊胸手術の種類は飛躍的に増加しています。一般的とされている人工乳腺法だけでも、注入するもので種類は様々あるのです。シリコンバッグ・食塩水バッグ(生理食塩水入り)・ハイドロジェルバッグ(ハイドロジェルとは通常の生理食塩水に対して高分子ポリマーを配合し、ジェル状にしたもの)などが挙げられます。

また豊胸手術には、大胸筋下法というものもあります。これは大胸筋と肋骨の間に豊胸用のバッグを挟む方法で、バストのボリュームに乏しいという方に向いている方法です。他にも最近ではプチ豊胸というものが注目を浴びており、これはヒアルロン酸を直接的にバストへと注入することで豊胸を図るもので、ヒアルロン酸が体内に吸収されるまでは効果が続きます。

豊胸手術の種類は様々ですが、手術と名の付く以上は何らかのリスクが発生します。それでも、そのリスクを冒してでも手に入れたいのが理想のバストと言えるのかもしれません。当サイトにて様々な豊胸手術の方法を学び、自身に適したものを見つけて頂ければ幸いです。

豊胸手術とは


タキソテール 添付文書
タキソテールの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!