バストアップWEB TOP → バストアップに効く成分 ビタミンB6とは

ビタミンB6とは

ビタミンB6が不足することによって、脂肪肝や動脈硬化を引き起こしてしまう可能性があり、これはバストアップにもよくありません。また脂肪肝によってビタミンB2の摂取量が不足してしまうと同時に、ビタミンB6も不足状態に陥ってしまったりと、ビタミンのバランスが崩れてしまう可能性も出てくるのです。ビタミンのバランスを保つことは、バストアップにも健康維持にも大切なことなのです。

たんぱく質を作るときに最も必要なビタミンは、ビタミンB6と言えるでしょう。神経の伝達を円滑に行わせる働きも持っています。そして女性にとって大切なのは、女性ホルモンの分泌を正常に整える効果や、皮膚の正常な再生を行う効果だと言えるでしょう。この二つはお肌にとっても大事なことですし、特に女性ホルモンの分泌を正常に整えるのは、バストアップの促進にも繋がります。

ビタミンB6はマグロの赤身やカツオなどといった魚類、牛・鶏のレバーなどに多く含まれています。果物ではバナナに多く含まれており、バナナは他の栄養素や一日分のエネルギーを補給するのにも役立つので、家に一束常備しておくのも良いでしょう。野菜ではジャガイモにも多く含まれています。また、最近ではその高い栄養素が注目されているアボガドも、味にクセは強いですが、ビタミンB6を含む食品としては非常に優秀です。

ビタミンB6は水溶性ビタミンですので、水洗いや加熱調理には向いていません。そのまま食べられる果物などで補給するのが、最も良いかもしれませんね。

バストアップに効く成分


タキソテール 副作用
タキソテールの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

事務服 ジャケット
事務服のジャケットなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!