バストアップWEB TOP → バストアップの基礎知識 豊胸手術

豊胸手術

豊胸手術もバストアップ方法の1つです。いわゆる美容整形の一つですが、この豊胸手術には、シリコン製のバッグのようなものにジェルや生理食塩水を詰めたプロテーゼをバストに埋め込むやりかた、もしくはおしりなどから脂肪を持ってきて注入する方法などがあります。ただしどういったやり方にせよ、手術失敗の可能性や、副作用などといったリスクは付き纏います。

先に述べたように、手術と名が付く以上、何らかのリスクは伴うものです。たとえばシリコンを入れる方法であれば乳がんを引き起こす原因となることもあり、もしくはやや不自然な形になる可能性もあるのです。そうでなくとも、失敗すれば手術箇所の周辺に傷痕がついてしまうこともありますし、豊胸手術に臨むというのなら、それなりの覚悟を持っておく必要があるのです。

とはいえ、現在では上述している生理食塩水が入っているバッグを詰め込む方法や、ヒアルロン酸注入によるプチ豊胸など、様々な豊胸手術が選べるようになりました。中にはリスクや副作用も起こりにくいものがありますので、昔の方法に比べると、安全性は格段に高まっていると言っても過言ではないでしょう。

それでも手術には、高いにせよ低いにせよ失敗の可能性が付いて回りますので、出来れば手術によるバストアップは最後の手段にしたほうが良いかもしれません。まずはストレッチなどといった体操から始め、それでも難しかったら豊胸手術を考えるようにしたほうが良いかもしれません。

バストアップの基礎知識